Hideki Sakazaki

GOOD WILL BUSINESS

食は人々の健康と人生に深くつながっています。それゆえにグッドウィル。良き意思、人々への誠意と善意が良きビジネスの基本精神でなければなりません。

人口減少と高齢化の21世紀は

様々な困難に社会が直面しなければならない世紀ですが、サポーレ本来の使命を果たすべき時がきたという想いがします。健康寿命を長くすることで、実り豊かな人生の後半期を過ごす事が出来ます。

年を重ねる毎に食は量から質に変わりますが、若さと健康を長く保つためには上質なタンパク質と旬の野菜や果物をベースにした栄養バランスのよい食事をおいしくゆったりと楽しむことが基本になります。適量のお酒や美しいデザートも、気持ちをリラックスさせてくれます。

SAPOREはイタリア語で良い香りです。

真心が込もった作り立ての料理だけではありません。実り豊かで芳醇なフルーツ、生命力あふれる食材、栄養価・おいしさ・鮮度にすぐれた食材には、食欲を誘う良い香りがあります。

生産に携わる人々の熱意・創意・誠実にあふれた食材からは人柄が香り立ちます。香りはこころを静め・慰め・励ましてくれます。食文化には栄養のバランスだけでなく、色彩と香りゆたかな美意識を欠かす事が出来ません。

本物とは何か? 20代の一人旅

私は三重県津の産。家業は果物専門店。1960年代から高度経済成長が始まりましたが,日本はまだ貧しい時代でした。20歳をすぎる頃から世界を見てみたいという想いが猛然とわき上がり、銀行に借金を申し込みました。返済に10年以上かかりましたが、欧米各国の旅によって、本物とは何か?自問自答の経験を積む事が出来ました。

海外の旅がきっかけとなり、フルーツの輸入を手始めにスーパーマーケット経営に着手。良き食材を買いやすくするための流通過程の整備や食材の安全に取り組み、ワイン・チーズ・コーヒーなど輸入食材を拡大しました。

ありきたりのリスク

あちこちの店で手に入りやすい大量生産の食材を販売すればありきたりで、楽しさのないスーパーマーケットになりがちです。価格競争にさらされる消耗戦にも巻き込まれます。地域社会に何によって貢献する事が出来ているのか?存在感も希薄になります。なにより健康とおいしさを求めるお客様に、喜ばしい事ではありません。

ありきたりのリスクを背負わない事で独自の存在感・健康で安全な食生活のサポート・健康な地域社会づくりへの貢献だけでなく、一緒に働く社員の誇りと働きがいにつながると思います。サポーレの原点は、ありきたりを排除する事から始まりました。

生産のルーツが明快なものだけを

栽培法や飼育法・抗生物質・添加物・化学調味料など、生産のルーツがはっきりしない食材が世の中には多くあります。食材の安全が第一ですから,そのルーツをたどらなければなりません。きちんとした食材を売ることはコストアップの要因になるため、多くのお客様にお届けするために、買っていただきやすい価格で販売しなければなりません。

安全はもはや当たり前の価値ですが、より栄養価の高いおいしい食材をお求めのお客様が増えていますので、専門家を交えてのあらたな食材開発の努力を重ねながら,品揃えに多様さと専門的な深みを加えています。

和食のすばらしさ、家庭料理の大切さ

和食のヘルシーさと美意識の高さが評価され、世界文化遺産に指定されました。四季の変化がもたらしてくれる自然の恵みを、持ち味を損なわずにおいしく美しく味わう料理の技を磨き上げてきた伝統のおかげです。高齢化は和食重視が自然な流れです。家族と一緒に手作りの料理を囲む当たり前の大切さも見直されてきました。おいしい笑顔のために料理を作る楽しみや、食卓を囲んでのにぎやかな会話は、さりげなく家族の絆をふかめます。

料理の出発点は、おいしいを食べてにっこりしてほしいという愛情です。おいしいのためには、旬の食材の鮮度と栄養価が基本になりますが、普段お使いいただく穀物・調味料・発酵食品・大豆加工食品・乳製品などの食材にこそ、素材と製法が確かで安全な食材をお届けしなければなりません。

自らの意思でプロセスのすべてを体と心に

生鮮食材は産地の気候と風土・栽培技術・生産者の熱意・工夫・誠意など様々な要素によって食材の品質が決まります。産地に出かけ、誠実に実り豊かに栽培された食材を直接交渉で買い付け鮮度やおいしさを保ち、食材の価値を上げるための工夫を加えます。

社員は産地での食材の買い付け、店頭でお客様にお勧めするプロセスを一貫して自らの体と心に叩き込むことにでお客様に信頼される食材提供とおいしく楽しんでいただくためのアドバイスが可能になります。お客様とのコミュニケーションを重ねる事で新たな食のニーズを発見して対応できるようになります。あらゆる経験を積むプロセスは、食のビジネスに携わり,より質の高いサービスを提供するために欠かすことができません。

食への熱意とお客様への誠意が成長の原動力

あなたは食べる事が大好きですか?
大好きであれば,食ビジネスの入口にたつ事が出来ます。
あなたは人々の喜びや感動のために尽くせますか?
イエスであれば精神を共有できる仲間になれます。

技術やノウハウを身につけるために様々な事をこなし,地道な努力を重ね継続は力なりを実践できれば、食のプロフェッショナルになれます。さらに食についての知識を深め、自ら料理を楽しみ、食文化への関心を高めてゆけば、お客様にとって欠かせないパートナーとなり、社内の尊敬を集め、リーダーシップが約束されるでしょう。

世界で有数の健康な地域に貢献する事

食は人々の健康と人生の根幹につながっています。フードビジネスに誇りを持ち、組織で共有する事によってサポーレは食の薬局として、お客様の健康で豊かな人生に貢献する事を理念にかかげています。

より上質なサービスを提供するために、社員の技術・対応力・美意識を高め栄養管理士を配して、豊かでバランスのとれた食生活に貢献します。サポーレをご利用いただいている地域の食生活が世界有数の健康度と食文化度の高い地域に向上する事を願い、努力を重ねます。社員ひとりひとりの仕事に対する誇りと、お客様に対する敬意が必ず実現に導いてくれると信じています。そして、社員の人生に豊かな実りをもたらしてくれることでしょう。

ラストメッセージは、働く現場から率直な体験の声。

「給料の半分をおいしいものを食べる事に費やしてきましたね。」

おいしさという味覚のトレーニングをしなければ、食材をお客様に勧める事が出来ません。時代が変わると味覚の基準も変わる事がありますから、そりゃもうおいしい探しにお金と時間を使ってきましたが、その事が仕事をささえる力になっていると思いますね。味覚を鍛錬する事で、体にも心にも豊かに感じる上質なおいしさは何か?がつかめると思います。それを商品作りに生かせばお客様に必ず喜ばれますね。

「自分で仕入れるから自信を持って売る事が出来る。」

ある産地の生産者の方に買い付けに行くよう、社長から指示がありました。初めての事で不安だらけでした。生産者の方が親切で、食材について様々な事を教えてくださいました。顔を突き合わせながら交渉する事で相互の信頼関係が育ちますね。食材の確かさだけでなく、生産者のお人柄にも触れるんだよと教わってきましたが、誠実な人柄から誠実な食材が育つ事は確かですね。販売も自分で担当します。自分で仕入れた食材だから確信を持ってお客様に勧める事ができます。

「会社がリスクを張ってチャンスを与えてくれる。だから自分でもリスクを張るべきですね。」

食のキャリアの積み上げは、毎日地道な作業から始まります。作業の中に工夫を見つけ、昨日と違う事をやってみる事で、作業が創造的な仕事に変わります。失敗のリスクを会社が背負ってくれますから、そのありがたさと、期待に応えなければ成長もありません。様々な事を体に叩き込まなければ、キャリアの積み重ねになりません。心も鍛えなければ、食材を扱うノウハウも身に付かないことがわかりました。すべてはお客様のための修行ですが、実は自分のためなんです。

「地域の食文化を支えているという誇りが仕事のやりがいですね。」

瑞穂の地を世界有数の健康地域にするんだという社長の想いを聞いた時、えっと思いましたが、サポーレはありきたりのスーパーマーケットじゃありませんから、納得がいくようになりました。食文化は奥が深いですから、今日や明日で捕まえる事が出来ませんが、社長の想いを共有してやり続ければ、必ず叶うと思っています。お客様の健康や笑顔に陰ながらお役に立ち、それが世界有数の健康な地域につながってゆけば最高でしょ。誇りになりますよ。